国際貿易論 昭和の日本に見る経済のいろは

経常国際収支の大幅黒字国としての日本

骨が少ないからとインプラント治療を断られた方

いまや日本は、経常国際収支の大幅黒字国となり、外貨準備は待望の三〇億ドルを越し、六月ごろまでには三五億ドルが予想される情勢になった。

 

しかもそれは一時的変態ではなく、以上に詳記のように正常状態的性格のものである。このことは、以下に詳叙するように、国内的にも国際的にも、大きな課題を新たに提供するものである。まず国内問題についてみる。

 

用知のようにこれまでわが財政金融政策を決定する支配的要因は、国際収支であった。というのは、財政金融政策の決定については、国民経済的利益や要請のいかんよりも、国際収支の逆調を防止し克服するための要請が、何ものよりも優先せられ、そのためには、いかに,大の損害や弊害を伴ってもしかたがない、とする指導理念であった。

 

国際収支が常に赤字化に襲われ、外貨準備の最低限がたびたび脅かされるという状態のもとにおいては、それもいちおうやむをえない方式であった。

 

貿易収支と金融の関係は?

 

骨が少ないからとインプラント治療を断られた方

従来においては、

@民間設備投資に対する金融調整方式は、それが国民経済的に有用か必要かという基準ではなく、国際収支の赤字化を招来するかどうかで決定され、この尺度から必要とみれば、国民経済上必要な設備投資までも押えられたのみでなく、建設途中の必要設備でも、これを抑圧する金融政策がとられた。

 

A金利の妥当水準の判断についても、国民経済の発達という尺度よりも景気対策(国際収支を基準にした)中心に決定され、国際的に高金利が当然視されてきた。

 

B経済の発展にもかかわらず社会投資や福祉施設が過度に押えられ、そのひずみが大きくなった。

 

C都市対策、住宅対策等が著しく遅れ、人手不足が大障害となっているにもかかわらず、住宅不足または過小のため余儀なく産児制限をしている状態が激しくなった。

 

Dわが企業の活動上必要な対外投資に対しても少なからず制限的であった。いま外貨準備が待望の三〇億ドル台を示現し、経常国際収支の大幅黒字が基調段階に転入したということは、以上のような従来の政策態度に対し、この際根本的再吟味と修正とを強く要求する性格のものである。

 

とくに現在の設備投資と予算編成とに対して、従来のえ度を一新する必要のあることを強調するものである。以上のことは、国際収支黒字国としての節度に対する国際的要求、という外からの大きな強請のあることによっても、いよいよ不可避的になりつつある。

協力サイト

交通事故被害者の救済。加害者ではなく特に被害者に強みを持った弁護士事務所を紹介します。事故被害者は、事故の程度、怪我の程度により相手側の保険会社とタフな交渉をしなければなりませんが、そういった一切の手続きや交渉を代行してくれるのが弁護士です。特に滋賀県内の交通事故事案に強みを持った弁護士事務所を紹介します。

 

あい湖法律事務所:交通事故弁護士相談@滋賀

 

あい湖法律事務所は特に志賀家県内の地域密着のサービスを中心とした評価の高い弁護士事務所です。テレビCMなどを流しているような大手の弁護士事務所でのずさんな対応に業を煮やし、あい湖にやってくるような人も多数います。交通事故被害者は、まず、相談する相手を間違えないようにしなければなりません。